2007年10月30日

今日もドル買い支え強い

30日のドル円は、日経平均の下げと軌を一にして朝方114.70円辺りから円高ドル安となってゆき、ロンドン時間が始まる頃114.35円近くまであった。しかし、そこから昨日と同じく逆にドルが買われてゆき21時半には114.91円をつけた。そしてそこからまたしても反転下落になり23時41分現在114.62円。明日以降のFOMCの利下げが不透明だとかで動きにくくしているらしい。先ほどの発表のコンファレンス・ボード消費者信頼感指数は最近にない低下を示したことにやや円高ドル安で反応。景気悪そうな話が聞こえてくる割に昨日今日とドルはやや上昇気味に推移しているがこれは実際は先行きを楽観視しているためか。
posted by fxcat at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

意外にも115円近くに上昇

29日のドル円は、米経済の先行き警戒感強まる中でFRBの利下げ期待が強まっているにもかかわらず下げ止まっており昼間は114円台前半を維持していた。夕方になると今度はドルは上昇してゆき、23時前には114.90円と115円に後一歩のところまで迫ったが30日1時11分現在114.71円。昼間の解説で米の証券会社もここから先景気は当分持ち直さずむしろ下り局面に入るとの見方を示していた。113円台でもおかしくないんじゃないの。難しいもんやなあ。
posted by fxcat at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

ドル円114円で下げ止まり

25日のドル円は、日経平均株価の下落と呼応して円買いドル売りとなり、特に昼過ぎから16時頃まで114円を割って一時113.85円近くまで下げる場面もあった。そしてロンドン時間になると米の利下げ期待の強まりに押されてドルは急速に値を戻してゆき20時過ぎに114.55円まであった。しかし、その後の新築住宅販売件数の発表で弱い数字が見込まれるとしてまたしてもドルは売られて114円を割ったが発表が予想通りであったため安心感からNYDOWが上昇、ドルも買われて114円台前半に戻った。26日0時50分現在114.19円。一応114円で下げ止まっているが、さらに米の実体経済の弱い部分が曝されれてさらなる円高がまっているんではないのかな。
posted by fxcat at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

弱い米住宅指標に再度円買いドル売りが進行

24日のドル円は、朝方は115円手前にあったが日中は円高ドル安の一方向に下落してゆき、16時頃114.20円まであった。ロンドン時間になるとドルの買い支えで114円台前半を保ってはいたが、23時半に弱い米中古住宅販売の結果が発表されてからFRBの利下げが意識され強いドル売り円買いとなって、25日0時には114円を割り、25日0時34分現在113.89円。110円は遠くないターゲットになってきたようだ。
posted by fxcat at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

114円台で調整気味だが

昨夜のNYDOWが反発して終わっていたので、23日の日経平均も上昇気味に推移したが、上値が重く昨日の下げの調整または下げ渋りといった感じだった。これに応じてドル円も昨日のドルの安値からの調整となり、日中は大体114円台前半にあった。ロンドン時間になると毎日同じことをやっているが円買いドル売りが強くなり114円に向かおうとした。しかし、そこでドル買いに跳ね返されて円売りドル買いが進行、22時過ぎ一時115.00円を抜くところまで行って24日1時04分現在114.65円。NY株価は上げて始まったがそこからは下げ気味だ。この調子だとNYDOWが下げてドル円も再度円買いドル売りが進行し114円に向かうんだろうか。
posted by fxcat at 01:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

円高114円に到達

強い米景気減速懸念から先週末NY株価が大幅下落しかつ円高ドル安が進んだ流れを受けて、22日のドル円はそのままの流れで朝方8時すぎに113.30円を割るところまで行ったが、さすがにそこからは徐々にドルが買い戻されてゆき15時前に114.30円をつけた。しかしロンドン時間になるとまたしてもドル売りが強り20時に113.50円、そこでまた反発してドル買い支えが強まり22時頃114.20円あたりをつけたらその後は114円をはさんで行き来しており、23日0時27分現在114.03円。現在NYDOWは約50ドル下げており当分は米企業の先行き不安説が言われるだろうから株価の下落傾向は続くだろう。しかし22日につれ安した日本株は今日明日は無理としてもどこかで下げ止まるんじゃないだろうか。ってことは先はさらに円高進行、110円に向かうのかなあ。
posted by fxcat at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

今日も続く、ドル下値ためし

18日のドル円は、日経平均株価が堅調だったことで、午前午後を通じドルの安値116.30円からは下に突っ込まれず、また高値は116.60円で16時頃まで落ち着きを見せていたが、ロンドン時間に入ったら強く売りが入り116円に向かった。17時頃116円を割れた後いったん116.20円まで買い戻されたが20時についに116円を割ってしまい21時115.30円を今日の最安値として若干戻している。18日23時40分現在115.61円。9月下旬サブプライム問題が大勢に影響薄い、米景気の先行き悪くないと言われてから先週までドル円は上昇の一途だったが、先週でメッキがはげてがらっと様相は変わり、今ドルは坂を転げているようだ。このまま9月下旬の114円あたりまで行くんだろうか。
posted by fxcat at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドル下値試し続く

17日のドル円は、昨夜のドル急落の動きから早朝は反転上昇となり117円を回復したのもつかの間、日本株のさえない動きにつられて再び円高ドル安となってゆき、さらにはインド株の大幅な下げに便乗してドルは売られ14時過ぎ116.15円あたりまで下げた。株価が下げ渋ったため14時過ぎからは反転しロンドン時間に向けドル買い復活、NY時間になると117円越えの117.15円あたりまで上昇していたが、そこまででまたもや売られて下落、18日0時35分現在116.58円。昨日今日のチャートを見るとドルの下値試しの強さが感じられる。景気警戒的雰囲気が強くなる中、当分円高ドル安方向だろうか。
posted by fxcat at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

どこまで続く、サブプライム問題

昨夜のシティも16日の野村もサブプライム問題による損失発表でDOW,日経とも下げた。ドル円は、そのせいでNY時間昨夜118円手前までドル高になっていたが急速に反転円高となり117円台前半に落ちた。日本市場では日中は117円台前半にあったが、ロンドン時間にも同じ懸念が引き継がれ一気にさらに約1円下落して116.40円近くまで走ってしまった。直後反動で117円台に戻そうという動きはあったが逆に売りたたかれて116円台後半に押し戻された。NY時間でも116円台後半で推移しており、17日0時30分現在116.57円。ドル買い場到来と見るべきかまだまだ底なし沼の入り口か、普通なら買い場だろうが先月からサブプライム問題は山を越えたと何べん聞いたことか。はっきり言って分からん。
posted by fxcat at 00:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

DOW急落で円急反発

15日のドル円は、日中はほぼ先週末のレベルより若干円安気味の17.40〜117.70円辺りにあったが、ロンドン時間になると円安ドル高が進んでゆき22時過ぎには117.95円間近と118円にせまった。ドル買いの強さを感じさせるところだったが、NY時間になって117.90円辺りからドルの急落が始まり、16日0時11分現在117.32円。今は先週末のレベルを下回ろうというところ。NYDOWが今120ドル急落しており為替が株価急落の大波をかぶっている。15日午後からせっせとドル買いしていた向きが一斉に売りに回ったんだろう。今夜は117円割れかな。
posted by fxcat at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

円安ドル高方向にブレーク

11日のドル円は、午前中は117.05〜117.25円にあったが、昼過ぎムーディーズの日本国債の格付けアップの発表で円高の116円方向に向かい始めたものの、その後日銀金融政策決定会合で利上げ延期の発表に強く反応して逆転円売りドル買いとなり117.35円では頭を押さえられつつNY時間となった。NY時間ではさらに円安ドル高が進行、20時過ぎにはここ数日頭を押さえられていた117.50円を越え、ついで22時過ぎ117.75円も越えたが12日0時21分現在少し戻して117.64円。という風にまたも円売りムード満点の展開。
posted by fxcat at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

調整つづく

10日のドル円は、日中は昨夜のFOMC議事録発表内容が利下げ観測の後退を示唆しているとされてドル買い方向となった。ドルは朝方の117円割れから夕方20時半ころ117.50円あたりまで上昇したが、その後米国住宅市場低迷が経済成長を減速させるのを防ぐため年内に利下げに踏み切るかもしれないとして反転下落、11日0時39分現在117.23円。今夜NYDOWが下げ幅を拡大していることもあるんだろうが一本調子のドル上昇には一応ブレーキがかかっていてほぼ昨日の振幅の範囲内。米経済の予想につき楽観対悲観のせめぎ合いはどっち側に分があるんだろうか、というよりその時その時の使い分けやね。
posted by fxcat at 00:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

ドル高ストップ、調整へ

9日のドル円は、昨日の異常なドル買いから一転し調整となった。前夜は117.50円越えまであったが9日朝には117.00円近くまで反落。しかし、ロンドン時間前には強力な買い支えでまたも117.50円に向かいそうに見えたものの16時を過ぎると下落し始め22時過ぎにはさらに急落となり116.80円まであって、10日0時36分現在117.05円。ユーロドルが主役で買いが強まっている影響とのこと。ドル安方向を狙ったらいいような感じだけどいつもの強力買い支えで117円を維持するんだろうか。
posted by fxcat at 00:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

ドル高ガンガン進行

8日のドル円は、先週末の米雇用統計が強かった割にドル売りとなったことへの巻き戻しとなった。先週末の116円台前半から8日は117円台に乗せ、9日0時13分現在117.51円。サブプライム問題への懸念を引きずりながら問題解消を先取りする動きだろうが、どう見てもバク騰するほどには思えんなあ。
posted by fxcat at 00:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

ドル円上値試し止らず

3日のドル円は、昼間は115円台後半にあったがロンドン時間になると前日同様に強い円売りドル買いとなり一気に116円台に乗せた。さらにNY時間でもISM非製造業景気指数の発表を受けて上値試しは止まらず116.50円を突破、4日0時15分現在116.71円。DOWは前日の最高値から戻しているというのに、ドル円はドル高が異常に進行する雰囲気。景気の持ち直しを先取りしているらしいが、やはり異常やね。
posted by fxcat at 01:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

ドル買い支え強い

2日のドル円は、昨夜のドル高水準の116円あたりから2日15時頃にかけ円高方向に戻し115.25円あたりまであったが、ロンドン時間になると逆転してまた円安ドル高方向となり、23時頃115.95円あたりとなった。23時に米中古住宅関連の指数発表で弱い数字が示されたが折込済みとして反応は限定的だった。3日0時1分現在115.84円。2日午後ロンドン時間からの急激なドル買い支えは前日と全く同じ行為。ドルは強い。これはサブプライム問題の懸念解消を意味するものと見てよいか。9月中に問題が解消するとしていた解説があって楽観的すぎると思っていたが、ひょっとして解説は当たっていたんやろか。
posted by fxcat at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

またも強いドル買い

10月1日のドル円は、先月末の円高ドル安の流れで早朝114.70〜114.90円にあったが午前から午後にかけ反対に円安ドル高となり16時前には115.10円をつけていた。そして、ロンドン時間が始まると急速にドルが買われて20時前に115.80円、その後115.35円に戻したが23時のISM製造業景気指数(9月)発表時には116.05円をつけた。ISMへの期待でドルを買っていたようだが予想範囲内と見られて1日23時50分現在115.83円。日本時間での落ち着きもなんのその、夕方以後の上昇の仕方は異常だがDOW上昇(今約100ドル上げ、14000ドル乗せ)への連動も手伝っていると見て一応納得だがサプライズやなあ。
posted by fxcat at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。