2007年08月31日

昨夜よりも多少円安ドル高。しかしDOW次第

30日のドル円は、昨夜からの円安ドル高の流れが30日早朝までつづき116.20円とほどほどのところに戻していたが、この流れは続かず、高く始まった日経平均株価を抑えるように円高方向に戻って行き、午後115.20円まであった。ロンドン時間から再びやや円安ドル高となり30日23時53分現在115.84円。昨夜よりも多少円安ドル高のレベル。100ドル以上下げて始まったNYDOWが為替を追うように-30ドルまで戻してきた。今宵もDOW次第のドルということ。てことは、どちらに動くか分からんということ。
posted by fxcat at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

円高行きすぎ感からドル反発

29日のドル円は、サブプライム問題が米景気先行き不安に及んでの大幅DOW下落とドル安円高の流れに従い、昨夜の115円割れから引き続き朝方114円割れの113.80円近くまで進行してしまっていた。が、さすがに2日で3円近い変化はやりすぎと見えて、大幅下落で始まった日経平均株価が下げ渋ったこともあってか午前中からドルが反発して、夕方以降は114円台後半で時折115円台に戻す動きを見せている。29日23時53分現在114.94円。今DOWが100ドル近い反発を見せており、それに沿ったドルの上昇。しかしまだまだ株が買われるような明るい見通しなど発表されておらず、米景気先行きの不安は続く。最近の解説ではサブプライム問題解決に9月いっぱいかかると言われることが多くなった。多分そのうち10月いっぱいってことになるんやろ。要するに目途が立たないので諦めの境地に至ったということかね。うん、諦めが肝心。
posted by fxcat at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

円高の流れに戻る

28日のドル円は、昨夜のNY時間に作られた円高ドル安の流れを受けて、昨日の116円台から115円台に変わり、夕方ロンドン時間まで115.70円〜115.35円のレンジにあった。115.40円辺りでドル買い支えラインがあり115円を切るか注目されていたが、21時ころから円買いドル売りが活発になり23時前には115円をいったん割った。その後115円台に戻したが流れは114円台に向かっており29日0時18分現在114.76円。サブプライム問題がくすぶる間はドル売り円買いがいつ強くなってもおかしくない、と皆が信じるようになっている。ドル売りはやったもの勝ちみたいやね。
posted by fxcat at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

円高気味だが先週末のレベル内

27日は、先週末の米国株価上昇の流れで高く始まった日経平均株価と同じくドル円も116.70円あたりで高く始まったが、これを修正するように昼ごろにかけて株価もドル円も下げて行った。正午ごろ安値116.10円をつけその後21時まで116円台前半にあったがそこから円高気味に116.00円を中心に小幅に振幅するようになり、28日0時6分現在115.97円。サブプライム問題への懸念がいつでも甦る状況にあり、NYDOWも今50ドル下げている。ドルの押し目買いが強くてもいったん115円台に移って行くような雰囲気。
posted by fxcat at 00:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

ドル買い仕掛で117.10円

23日のドル円は、昨夜のNYの株価上昇と23日の日経平均株価の上昇に応じてドル上昇となった。朝方から何度か116円越えを試していたがロンドン時間になると18時にドル買い仕掛が成功し一気に117.10円あたりまであった。23日23時37分現在116.31円。まるでサブプライム問題が片付いたかのような動きだけどそんなわけがない。こんな大暴れしてるグループがあるんやね。
posted by fxcat at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大きな変化なし

22日のドル円は、上値の重い日経平均株価に呼応して日中は114円台前半の狭いレンジ内にあったが、15時過ぎ欧州参入前に仏銀行のファンド資産凍結解除の噂が出て一気に円売りドル買いとなり115円を窺う展開になった。19時半過ぎに115円を越え、22時半過ぎにドルの高値115.45円をつけた。その後FRBの利下げ観測強まるとかでDOWは上昇したがドルは売られ23日0時32分現在114.89円。一進一退で大きな変化なし。サブプライム問題終了と言う日はいつ来るんやろ。
posted by fxcat at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

不安相場

21日のドル円は日経平均株価が高値を維持したため昨日のドルの高値あたりの114.60〜115.20円にあったが株価が引け近くに崩れるにつれドル安となり16時半頃114.00円に達した。その後ロンドン時間には反発したが反発力は弱く20時頃114.75円あたりまでで、22日0時11分現在114.30円。ポールソン米財務長官が現在の問題への即効性のある解決に否定的見解を述べたことも嫌気されているらしい。21日は英保険会社のサブプライム関連の損失の噂もあったりして米欧ともに疑心暗鬼状態つづく。またドル売りの仕掛けが起こりやすくなりそう。114円がターゲットか。
posted by fxcat at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

波乱含みで一応安定

20日のドル円は、先週末までのパニック的株安・ドル安で112円割れまで行ったが、週初はその調整となり日経平均が上昇、ドル円も円安ドル高方向に戻し午後は114円台後半にあった。ロンドン時間ではさらにその傾向が強まり115円台前半に乗せた。ところが先ほどから先週末上昇したNYDOWは先週終値付近を上下しており、米住宅金融のソーンバーグ・モーゲージは流動性確保のため資産205億ドルを売却したとの発表もあり、サブプライム問題がまだまだ尾を引いている。23時55分現在114.71円。昼の解説で株価は底値と盛んに言ってたようだけど今週はまだ波乱だろうねえ。
posted by fxcat at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

下落スパイラル

16日のドル円は、昨日のNY時間の円高方向の流れをそのまま引き継いで午前は117円台前半から116.20円あたりにドルが下落、ついで正午ころさらにドルに売り仕掛けが入り夕方まで116円+-20銭を保っていた。そして19時頃から断続的に強くドル売りの仕掛けが入り一気に113.60円付近にまで下がった。そこから114円台後半まで戻していたがNY時間になると株価の下げが止まらずドルも売られて17日0時56分現在114.01円。売り仕掛けがやりやすくなって売りが売りを呼ぶ下落スパイラルに入った模様。1週間前のばら色の雰囲気は今どこに。
posted by fxcat at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

豪州からも悪いネタ

15日のドル円は、日経平均株価が米株下落の流れを受けて大幅に下げて始まった上、1日を通じ下落基調にあったため朝方の117円台後半から前半へと徐々に下げて行った。さらに13時すぎ豪ファンドのサブプライム関連による損失の報が伝わり一気に117円割れをトライし、そこで117.20円あたりに跳ね返されたがロンドン時間の前に再び117円割れを仕掛けて成功、23時頃まで116円台後半にあった。ところがNY時間でDOW,NASDAQが上昇気味に推移しているためかドルが反転上昇し117円前半で調整中。16日0時37分現在117.30円。今回の株価下落で苦境に立ったファンドがごろごろあるらしい。この調子では8月いっぱいサブプライム関連で揺さぶられそうだ。
posted by fxcat at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

悪いネタに敏感

14日も昨日と同様のレベルだ。14日のドル円は、日中は上値が重く16800円を中心に小幅上下した日経平均とともに昨日より円高の117円台後半にあった。ところがロンドン時間になると英指標悪化でポンド利上げ観測後退となり、ポンドドルに売り仕掛けが入った影響でドル円も上昇し118円台前半での推移に変わり22時頃118.50円をつけた。しかしNY市場が下げて始まりウォルマートの業績見通しの下方修正が嫌気され、米個人消費の先行きに対する懸念が広がったとかで14日23時57分現在DOWは125ドル安、よってドル円も円が買い戻され117.90円あたりとなっている。サブプライム問題を契機に悪いネタに敏感に反応するようになった。今週はまだまだこんな状態が続くんだろうなあ。
posted by fxcat at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

株安と円高から若干回復したが

13日のドル円は、先週末の世界同時株安からの回復の流れで日経平均が16800円台で安定していたせいか、118円台前半のレンジで16時頃まで安定していたが、その後英指標が予想より悪かったことで、ポンドドルが下落、さらにドル円はポンド円の大幅下落に追随し19時過ぎに117.70円あたりまで下げた。その後はドルがリバウンドし再び118円台前半に戻している。ドル円はサブプライム問題とそれに連動した株価動向に左右されているので単純に株安の前のレベルに戻るには余程よい指標が出ないとだめだろう。先を読むのは難しいね。
posted by fxcat at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

サブプライム問題欧州に飛び火

9日のドル円は、昨夜の米株上昇のおかげで日経平均も高値を維持していたので15時あたりまでは119.60円以上にあったが、BNPパリバが傘下の3ファンドの資産を凍結するとの発表があり米サブプライム問題が欧州に飛び火したとして16時前から主要通貨で円が急進した。22時頃には118.20円近くまであったが、10日0時24分現在118.67円。米の住宅問題に関しては大分耳になれてきていたが、欧州に伏兵がいたとはサプライズだった。ECBもFRBも緊急に資金供給オペを実施するとのこと。問題はグローバル化して別の国へも波及するだろう。よって明日は株安と円高、間違いないね。
posted by fxcat at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

FOMCをネタにドル高大仕掛け

8日のドル円は、早朝にFOMC声明文が米景気拡大を示すものと解釈され円安ドル高に動いて朝方は119.03円まであった。そこに機械受注の発表が弱かったため高値で始まった日経平均株価が前場は弱ぶくみドル円も円高に戻っていたが、後場は米景気への懸念が後退したとして日経平均も上昇、それにつれてドル円もドルが上昇し15時過ぎに119円を越えた。ロンドン時間ではそのまま119円台前半で推移、NY時間になるとFOMC声明文の積極的解釈からDOWが上昇、ドル円もドルが上昇し23時半に119.70円をつけた。9日0時15分現在119.60円。大騒ぎしていたサブプライム問題など忘れたかのごとくに119円台後半となっている。2日前サブプライム問題で117円台にまで揺さぶりをかけておいて今は120円手前。誰かがシナリオを作って仕掛けてるとしか思えんなあ。
posted by fxcat at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

FOMC待ちで様子見中

6日につけたドルの安値117円台から戻してきた7日早朝のドルの高値119.10円あたりから逆に円高になり、昼中は118.60〜118.80円あたりの狭いレンジにあったが、21時頃からさらにやや円高の118.44〜118.62円のレンジに移っている。7日23時28分現在118.56円。なんやかや言っても8日早朝のFOMCの発表を見てそこからどちらに仕掛けられるかが今の関心だ。ということで様子見。
posted by fxcat at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

指標弱くまた円高に戻す

3日のドル円は2日ほぼ118円台だったのに比べやや円安が進行し、朝から昼、夕方を通じ119円プラス10〜20銭にあった。120円を視野に入れて安定した動きだった。ところが、21時半発表の米雇用統計や先ほど発表されたISM非製造業景気指数が弱い内容となったことを受けて、株価が下落、連れて円買いの動きとなっており0時前118.15円つけ、4日0時50分現在118.41円。まだまだ、調整が続いてるということやね。
posted by fxcat at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

一進一退

8月1日は株価がじりじりと下げ、円はじりじりと上昇して4ヵ月ぶりに117円台をつけるなど総悲観的ムードだったが2日はその逆となった。2日は株価が後場から持ち直す動きが顕著となり、円の高値も118.30円どまりで総じて118円台後半で時折119円台に乗せることもあって景気への懸念は一歩後退した模様。2日23時48分現在ドル円は119.02円。日経平均株価もピークから1500円ほど下げているが調整完了とまで行っていないだろうからすぐ大きく上げることはないだろう。最近、株価とドル円が相関して動くので118円〜120円あたりで調整だろうか。

posted by fxcat at 00:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

円安歩調に

31日のドル円は昨夜の118.40円あたりから一方的に円安ドル高が進んで、朝方には119.25円あたりまであった。その後、午後にかけて逆に円高となったが118.75円あたりにまでしか戻らず、そこからはロンドン時間NY時間ではさらに円安ドル高となり119.50円に迫っていた。23時56分現在119.13円。今日の日経平均株価も安値は17200円あたりどまりで大きく売り込まれる懸念が消えていたし、今夜のNYDOWも強い消費者信頼感指数もあってか100ドルほど上昇しており、サブプライム問題の影が次第に薄くなりつつある感じ。今度は米企業の好決算や景気についての自信を示す材料をネタとして今回の株価下落を帳消しにする方向で推移するんだろう。
posted by fxcat at 00:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。