2007年04月28日

米GDP発表は通過儀礼

ドル円は25日の118円半ばから27日朝方にかけ円安ドル高で推移し昼前には119.75円あたりまであったが、米GDPが弱めに出るとの予想からドルは売られはじめ徐々に円高ドル安に戻し、GDP発表前には119.20円近くだった。結局GDPは1.3%で予想の1.8%を下回ったため一時118.90円までドルは売られた。その後、ミシガン大消費者信頼感指数確報値が強い内容だったり、ラジア米経済諮問委員会(CEA)委員長が特に成長に関して懸念していない、労働市場は引き続き強い、市場の先行きは良好等と述べたりで今度は一気にドルが買われ28日0時32分現在119.67円に戻っている。結局円安ドル高の方向は変えたくないらしい。というかソフトランディングへの自信の現れか、弱いGDP発表は単なる通過儀礼のようだ。来週120円はすぐそこだ。
posted by fxcat at 00:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

昨日までのレンジ破られる

26日のドル円は日経平均株価の上昇に蓋をするように118.70円プラスマイナス10銭程度の狭いレンジにあったが、株式マーケットが終了するとすぐ一方的に円安ドル高にはじけ、ロンドン時間になると18時前には119円突破、21時半頃には119.50円トライ、その後NY時間に119.20円まで緩んだが、26日23時40分現在119.31円。目新しいドル買いの材料はないが、明日発表の米GDPを前にドル売りの買い戻しが進んでいるとの解説があった。昨日までのレンジでは辛抱できなくなりドル高方向にレンジを破った模様。米GDPを強めに読むべきなのかもしれない。明日以後120円を目指すのか。
posted by fxcat at 23:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだ足踏み中

ドル円は25日も昨日と同様、118.50円を挟みプラスマイナス25銭くらいの狭い範囲で終始した。ここ3日は日本市場で円高、ロンドン市場で円安、NY市場で円高といったパターン。チャートはきれいな鋸歯状。先ほど発表された3月の新規住宅販売が弱い内容となったことで少し円買いドル売りが強くなったが、26日0時9分現在118.53円でほとんど変わらず。このあたりがやはり居心地よい水準なのか、ガードが堅くて動けないのか、少々のネタでは動かなくなってしまったようだ。この状況でポジションがたまっていけばレンジがいずれ破られてスタートしそう。どちらなのか???
posted by fxcat at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

118円台後半で停滞中

24日のドル円は前日深夜の119円あたりから昼前にかけ円高に推移し118.20円近くまであったが、その後ロンドン時間まで反対に円安に動いて119円直前まで行った。NY時間には先ほど米中古住宅販売の発表があり予想を下回る弱い内容となったことで円買いドル売りとなり118.70円あたりから118.40円あたりに変化した。24日23時57分現在118.41円。また同時に発表された消費者信頼感指数も予想を下回った。先週末からの動きを見ると119円が上の壁、118.20円が下の壁になってどちらへも動けず停滞の構図だが、今はこのあたりが居心地よい水準なのかな。米経済の強さを示すネタがここのところ減っているので2月頃から続いた円安ドル高への流れに変化が現れているのかも。となると日本の利上げの話次第で反転円高も近いのかな。
posted by fxcat at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

118円半ば中心の上下動

23日のドル円は朝方の円の安値119円あたりから株式市場が閉まるまで株価の下落に並行して円高ドル安で推移し14時半頃には118.20円近くにあった。その後は来た道を逆にたどり23時直前に119円を少し越えたが、すぐに円高に戻し24日0時20分現在118.66円。シーソーゲームのように上下動を繰り返している。23日正午前に米大手格付け会社による日本長期債格上げのニュースが伝わったことが午後の円高要因だったらしいがどうも日経平均を大きく下げるのにも利用された感じ。最近は円は2月頃の安値122円と3月の115円付近の丁度真ん中で輸入企業も輸出企業もまあ苦しくない水準かなと思うが、為替の振り回しで稼ぐグループはほっといてはくれないだろう。今週は先週あった120円近くがまたターゲットになるんやろ。
posted by fxcat at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

円安進行119円手前まで

20日のドル円は昨日の動きを引き継いで、朝方の118.25円あたりから15時過ぎの118.80円あたりへと円安ドル高に動いた。その後多少円高に戻したがNY時間にやはり円安傾向止まらず23時に118.95円を越え119円に後一歩のところまであったが、20日23時50分現在118.85円。119円が壁なのだろう。ここ3日ほどの急激な円高傾向にブレーキをかけ、さらに円安に引っ張ろうという感じ。しかし最近は120円に近づくと円安牽制発言が出るし、117円台では円売りドル買いで円高が阻止されるようでありこのあたりにしばらくいるのだろうか。経済のファンダメンタルを反映する水準とよく言われるようになったがこのあたりのことなのかなあ。
posted by fxcat at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

117円台まで行って円高にブレーキ

ドル円は19日朝の118円台半ばから夕方のロンドン時間まで円高が進み一時117.60円をつけたが、NY時間に反転の動きとなり、20日0時32分現在118.30円。ここ3日ほどは円キャリートレード解消が進んで円買いドル売りが基調と言われているが、ドルがここまで安くなると実需の円売りドル買いが出て来るので円高にブレーキがかかっているらしい。円を買うネタがそんなにあるとは思えない。日本の利上げも言われているが言われ続けているのでインパクトが薄いしそれも次第に織り込んで行くだろう。よって今般の円高への動きは118円台〜117円台までじゃないだろうか。
posted by fxcat at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

円反発さらに進む

18日のドル円は、日銀が5月にも追加利上げに動くとのうわさが流れ、早朝の119円付近から昼ごろ118円半ば付近まで一時下落した。その後うわさは根拠がないとして15時過ぎには119円近くまで戻したが、ロンドン時間NY時間を通じ円が買い戻され19日0時18分現在118.25円。振り返ると48時間前の119.85円を円安のピークにほぼ一定のリズムで円安ドル高が進んできた。うわさで円買いが加速するというのは円安への警戒感が高まっている証拠だろう。実際米CPIが予想より下ぶれたが反対に日本のCPIにある程度上昇見込みが見えれば利上げ観測が強まる。昨日今日の円高への動きはその辺が見えつつあるためだろうか。
posted by fxcat at 00:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

早くもいったん調整か

ドル円は、16日に円安ドル高に向かって動き119.85円あたりまであったが、その後17日には反対に円高ドル安に戻して18日0時39分現在119.17円。今、3月米CPIのコア指数が予想ほど上昇しなかったことで、FRBが一段と利下げ実施に傾く可能性がある との見方が強まったためドルが対ユー ロで2年ぶりの安値に下落している。これに連動した円高ドル安らしいが最近の円安に対する調整のチャンスと見て一気に円を買い戻す動きが見られるかも知れない。明日は一旦118円台に戻すのかな。
posted by fxcat at 00:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

120円手前に来た

16日のドル円は朝9時半前に一度円の高値119.00円をトライしたが直ちに円が売られ、それ以後ロンドン時間NY時間を通じて円安ドル高に推移してきて17日0時13分現在119.85円。先週末のG7が円安基調を黙認したとの見方が広がっているためだ。当面円高への調整はないという雰囲気が強まっているので円売り派は力を込めて円を売ってくるだろう。120円トライは時間の問題やね。
posted by fxcat at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

円安牽制効果弱し

13日のドル円は昨日のトリシェECB総裁の「為替レートは日本の景気回復を反映するべき」との発言後ずっと円買戻しとなりこれが13日20時頃まで続き118.20円まであった。しかし、NY時間になりG7筋から「声明の通貨に関する文言に変化はないだろう」との発言があったとかで119.60円近くまでドルが反発、14日0時40分現在119.25円。結局昨日とあまり変わらぬレベルに戻ってしまった。
円安を望む空気が異常に強いと円安に対する牽制の効力が弱いということやね。
posted by fxcat at 00:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

円安牽制発言

12日のドル円は午前午後を通じ119円台前半のうち119.20〜119.50円にあったが夕方になり円高に動いていた。そしてトリシェECB総裁が為替レートは日本の景気回復を反映するべきと発言したこともあってさらに円が買い戻され119円を割った。12日23時53分現在若干円安に戻して119.02円。この円安レベルになると容認できないという意見が出るのは当然だろう。しかし相場ってのは常識を超える動きで大金を稼ぐグループがいる。円安はこの辺までと言う人が増えれば増えるほどそうなんだ。
posted by fxcat at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月機械受注悪化

11日のドル円は朝方は2月の機械受注が予想以上に悪化したことで一時は119.30円まで円安が進んだが、ドルの高値では利益確定や輸出企業のドル売りが出て昼前には118.90円まで円高に戻した。ところが円安の基調は変わらず午後には119.20円あたりを推移し夕方ロンドン時間には先日来越えなかった119.50円に達した。12日0時12分現在119.35円。12日はこの先リッチモンド連銀総裁やバーナンキFRB議長の講演等が予定されている。先週の雇用統計の予想外の強さを見ると彼らの意見にインフレ警戒の言が含まれて当然。120円は間近かな。最近は円安ネタが尽きんなあ。
posted by fxcat at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

円安一服

10日のドル円は、連休明けの米国株式市場が期待していたほど上昇しなかったことに対する失望感から昼前にかけ利益確定のドル売りが出て、先週末の米雇用統計発表後のドル上昇前の水準(118.80円)にいったん戻した。しかしその後は夕方にかけクロス円の強さに支えられて119円台に上昇。10日23時55分現在119.07円。ここ数日の上値は119.40円で、118.80円ではしっかり円安ドル高に跳ね返されていることからここしばらくは118.80円〜119.40円で推移かな。
posted by fxcat at 00:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

目ぼしい材料の発表なしで穏やか

9日のドル円は、先週末発表の米雇用統計で非農業部門雇用者数が大幅増、失業率が予想に反し改善するなど、雇用指標の強さが示されたことの効果がつづいており、先週末到達の円安ドル高水準を維持している。10日0時18分現在119.28円。日経平均株価もこの円安の波に乗り上昇した。しかし、昨夜の119円台乗せ以後1昼夜経過の今まで、面白いことに円の安値は119.40円、高値は119.20円と極めて狭いレンジ内にある。特に目ぼしい材料の発表も無く、欧州勢も休暇中だからだとの説明があった。輸入者が泣き輸出者が笑う相場になってきた。輸入決済やってたころはこういう日々は首が絞められるような感じだったね。
posted by fxcat at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

119円トライ成功

ドル円は6日の午前午後からロンドン時間を通じ118.80円に近い非常に狭いレンジの中で米雇用統計発表を待っていたが、先ほど(21時半)の発表が予想を大きく上回ったため円売りドル買いで反応し一気に119円台に載せて戻さず推移しており、6日23時47分現在119.34円。先日来何度もトライして跳ね返された119円にしっかり乗ったようだ。米経済の強さを表す指標が尽きない。やはり120円に向かっているに相違ない。
posted by fxcat at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

118円後半の狭いレンジ内

5日のドル円は午前中は僅かに円高方向、昼からロンドン時間にかけ円安方向だったがずっと118円後半の狭いレンジ内にあった。NY時間直前に119円をトライしたがNY時間になり一気にドルが売られてまた118.50円に戻し、6日0時10分現在118.62円。ここ2日118.50円まで円が買われるとすぐ売られる傾向があり、そこがバリアになったいるようだ。上は119円がバリアであり、今現在特に動くためのネタがないらしくこの50銭をどちらに抜けるかが気になるところ。米国6日の雇用統計を待ってどちらかに走るんだろうがよくわからん。
posted by fxcat at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

118円突破、119円へ

4日のドル円は午後2回、20時過ぎに1回119円乗せにトライして一応乗せたが跳ね返されて4日23時57分現在118.63円。先ほど発表のISM非製造業指数が予想を下回ったことも嫌気されていてドル売り材料。118円を突破したので投資家のドル買いが一巡したと見られているが、今週は120円へ向けてゆっくりと動いている感じ。
posted by fxcat at 00:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

118円に突入

3日のドル円は朝方の117.80円あたりから日経平均株価の上昇にあわせるように円安ドル高で推移、昼ごろ118円に到達、その後もじりじりと同じ方向が続いて4日0時32分現在118.78円。3日は日経平均が上昇、続くNYDOWも今100ドル以上上げている。NYの方は先ほど発表された中古住宅販売留保件数が予想に反してプラスだったことも手伝っている。米は景気の強弱に関する指標の方向ががバラバラに出てくるので先が読みにくいが、景気鈍化の中でのインフレが現実の姿だろう。で、金利低下が遠のき株価が上昇ということは要するにドルが上昇ということやね。今すでに2月来のドル高水準にまで円安ドル高方向に戻しているがまたもや120円に向けて動き出したような感じ。
posted by fxcat at 01:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

小動き

4月2日朝方日銀短観の発表があり景気は強弱混在だが大企業の業況判断等の悪化が示されたので117円半ばだったドル円が118円に乗せたものの、すぐに117円後半の円高方向にに押し戻された。ロンドン時間、NY時間を通じ117円台後半を小動きしており、23時過ぎには円高の117.55円まであったが、先ほど発表の米ISM製造業景気指数が景気鈍化の下でのインフレ傾向を示したためドル買いで反応し3日0時20分現在117.73円。結局先週末と同じ水準で小動き。2日朝118円抜けに今度も失敗したためか日経平均も上値から400円も下げた。しかし米のインフレはしっかり進行中らしい。よって今週は円安118円乗せになるか。
posted by fxcat at 00:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。