2007年03月31日

寝耳に水

30日は、米GDP発表で予想外の景気の強さが示されたことによるDOW上昇・円安ドル高の流れを受けて、日経平均上昇と円安が進行していたが、さらに夕方2月の米コア個人消費支出が強めになったことで21時半から23時半まで118.40円近くまであった。ところがその後約1時間一気に円高ドル安に反発し、31日0時42分 現在117.57円まで戻してしまった。(これは30日朝一番円が高かった水準だが月末特有の実需による動きだったとのこと。)ところで今はさっきまで上昇していたDOWも100ドル近く下げている。これは米商務省が中国製品に相殺関税発動と伝わったことによるらしい。寝耳に水とはこのことやなあ。いや、寝耳に洪水や。
posted by fxcat at 01:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

やはりシーソーゲーム

ドル円は昨夜の米株安・ドル安円高の動きを引き継いで、29日午前中に円が116.70円まで買われてから反発、そこから逆に円安ドル高に移行し始めた。じわじわと円安ドル高がつづき117円半ばに至っていたがNY時間に米GDP発表で予想外の景気の強さが示されたことでドルが急伸、30日0時14分現在117.86円。米経済成長が予想以上に強く利下げ観測を否定するものだけに円高が止まらないどころか昨日までの動きが一変してしまった。あれは夢だったらしい。現実はやはりシーソーゲーム。
posted by fxcat at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

もうどうにも止まらない

ドル円は28日早朝に118円近辺まで上昇したがやはりそこで跳ね返され、ついで10時ころ仲値117.88円あたりの発表後海外勢を中心に一気に円を買い戻す動きとなり117円前半に入った。日経平均が後場大きく下げるのと呼応し午後は117円に向かってさらに円高となった。ロンドン時間では117.50円近くまで戻る場面もあったが、NY時間になると米耐久財受注が予想を下回ったことやFRB議長のインフレに対する懸念表明などが基でドル売り円買いが活発化し29日0時直前116.40円をつけた。29日0時34分現在116.76円。円上昇・ドル急落に持って来いの状況は29日も続くだろう。この調子だと3月初旬の115円あたりがターゲットなんだろうか。それからまた遠くない日に有事のドルとか言って反対方向に戻して行くんだろうな。
posted by fxcat at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

シーソーゲームは円高へ

ドル円は26日〜27日は117.80円と118.40円の間を往復していたが、円高に傾くときは急に、円安に傾くときはゆっくりと動いたようだ。円高への仕掛けが入りやすいのだろうか。28日0時21分現在117.80円。先ほどからNYDOWが75ドル安と大きく下げている。どうも住宅関連の悲観的な見方と先ほど発表された消費者信頼感指数が予想を下回り4ヶ月ぶりの低水準となったことなどのせいらしい。円上昇・ドル急落に持って来いの状況となっている。一時的かもしれないが117.80円を破って円高に持ち込まれることだろう。
posted by fxcat at 00:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

シーソーゲーム

ドル円は昨日のNY時間につけた117.40円を底に、26日朝から夜にかけて円安ドル高が進行し22時ころ118.40円にあったが、米で弱い新築住宅販売の発表がありドルは一気に一時117.60円近くに下落した。27日1時01分現在少し戻して117.86円。先週末の中古住宅販売の強さを新築が奪ってしまった形。やはりシーソーゲームの真っ最中といったところ。
posted by fxcat at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

118円越えトライあり

23日のドル円は日経平均株価を維持するように14時頃円安のピークで118.20円あたりまであったが、その後ロンドン時間、NY時間を通じ円高ドル安に動き、22時頃117.40円をつけた。しかし、先程発表された米中古住宅販売件数が予想を大幅に上回ったため円安ドル高で反応し23日23時59分現在117.86円。安値の118円あたりでは押し返されているが円の高値は毎日切り上がっていて円安が進行している感じもするが118円での押さえは効いている。シーソーゲームのように、ここからまた円高に振れて行くんじゃないだろうか。
posted by fxcat at 00:15| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

今日も小動き

22日朝方のFOMC声明文が米景気の下ぶれリスクを意識したものとなったため、ドル円は117.90円あたりから117.20円当たりに下落したがすぐに117円台中ほどに持ちなおした。日本時間では誰かが操作しているように午前は円安方向に、午後は円高方向に動き117円半ばを中心に小幅に動いた。その後ロンドン時間、NY時間で若干円安気味の117.60円〜117.80円を推移し、先ほど発表された米景気先行指数が-0.5%と予想を下回ったのでややドル売りで反応、23日0時22分現在117.75円。ドルが一方的に上ぶれないようにうまいネタが出てくると感心。当面116から118円の間でうまく上下するんだろう。
posted by fxcat at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

小動き

20日のドル円は朝がた117.30円に近かったが昼間は株価上昇に合わせるように円安基調で推移し118円を抜く場面もあった。ロンドン時間に再度118円をトライしたがその後は円安方向に戻し、さらに夕方中国人民銀行総裁が「これ以上準備を積み増すつもりはない」と発言したことでドル売りが優勢となり、ドル円は117.10円近辺まで下落した。21日0時18分現在117.13円。ドルは上値118円丁度での押さえが効いてそれ以上はドル高方向に行けない模様。今日の論調は日経平均の先行きを楽観視するものが多い。明日も株価が上昇基調にあるとすれば、ドル円は118円手前の水準で足踏みだろうか。
posted by fxcat at 00:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

若干円安方向で平穏

ドル円は、先週金曜日に大体116円台であったが、19日の朝方以降円安で117円前半になったため、これを好感し日経平均も上昇して17000円台に乗せた。ロンドン時間、NY時間も同様で時折117.50円を円安ドル高方向に抜く動きを見せており、20日0時6分現在117.56円。NYDOWも開場1時間半で約100ドル高と好調。ただし米国住宅動向特にサブプライムローンの延滞率上昇の景気動向への影響が注目されており、20日2時発表のNAHB住宅市場指数が気にされている模様。先週は116円と118円の間を往復運動していたが、今日もその範囲内。当分はこのあたりで静かにしているんだろうか。
posted by fxcat at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

方向が定まらない

16日のドル円は朝方から正午にかけて円高ドル安になり116.80円まであったが、午後は15時過ぎまでその反転となり117.20円をつけた。そこから21時ころまでまた円高ドル安で116.50円付近に来たが21時30分に2月の米消費者物価指数の発表で強めの数字が出てドル高の117円まで反転、その後ミシガン大学の消費者マインド指数が弱めとなって少しもどして17日1時6分現在116.77円。結局ドル円は上下に揺れているが方向が定まらない状況。ということはやはりわからんということ。
posted by fxcat at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

平穏だった

昨夜のNY株式は大きな上下振幅の末に高値で終了。そのため円安ドル高となり15日は日本株も上昇して引けた。15日はドル円は日本時間、ロンドン時間、NY時間を通じ、前日より円安の117円台前半で小幅に推移しており16日0時8分現在117.27円。荒れ模様だった世界の株価が15日から持ち直す動きを見せており、円高へのトライもストップしている。またいつものように米景気と日本の景気の指標による綱引きが再開するだろう。米住宅動向が改善の兆しが見えるまで長い道のりで一進一退といった感じだろう。明日もドル円は同じレベルか。
posted by fxcat at 00:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

不気味な展開

14日のドル円は、前夜のダウ下落を受け円高と日本株下落が進行。一時115.80円近辺をトライして116円台に戻した。この円高進行の下、リスク回避の動きが相当進んでいるらしい。円高のどこかに落ち着き場を探しているんだろうが暴落気味の株価との相互作用的に円買いが行われている模様。先ほど21時半に米経常収支の発表があり、赤字幅縮小で小幅に円売りドル買いの反応となり14日23時23分現在116.38円。しかし、NYDOWは今夜市場開始後この1時間プラスマイナス50ドル動いて今ほぼ前日終値に戻っており非常に不気味な展開。本当にどっちに行くか分からん。サプライズの114円もあるか。混沌としとるなあ。
posted by fxcat at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は円高へ

13日のドル円は、昼間は日経平均の下げに応じるように円高となり117円台後半から前半に動いていたが、ポンドの下落でドル円もさらに円高になった。ついでNY時間になると今日発表の小売売上高も市場の予想を下回る弱い内容となったことから、再びこの勢いが増し116.50円まであった。14日0時19分現在117.00円に戻している。米住宅のサブプライム融資の債務不履行にたいする不透明感など米景気の不透明感が増す中で、一旦円債への乗り換えの動きもあり、それに伴う円買い需要が出てくる可能性もあるとのこと。13日の綱引きは円の勝ちだった。多分続かないと思うが。
posted by fxcat at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

円売り小休止

12日のドル円は、日経平均の高値を支えるように昼間は118円台の円安水準を保っていたが、ロンドン時間から円買いが強まり、118.50近辺から一本調子の下げを見せている。一時117.20近辺まで下落して13日0時37分現在117.41円。ドル円は米の景気減速と日本の景気上昇で綱引きをしている。12日16時半ころ118.50円で跳ね返されて一本調子には円安が進まなかった。利益確定のドル売り円買いが済めばまた円売り小休止から円売りに戻るんだろう。
posted by fxcat at 00:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

やはり円安止まらない

9日のドル円は朝から夕方まで117円台前半で非常に落ちついていたが、先ほどの米雇用統計の発表で前回値の上方修正や失業率の改善が示されドル買いの反応が強まり、ドルが117.30円あたりから一気に118.30円に上昇、23時43分現在118.16円。米の住宅販売等景気減速に関する証拠が続々出る中でこういう強さを示すネタが出ると即座に反応した。円安が一服しそうな感じだったがこの動きは止まらないようだ。この調子であまり日数かけずに120円に戻すんやろうな。
posted by fxcat at 00:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

円キャリートレードに安心感

8日のドル円は、朝9時115.60円あたりから15時少し前116.80円までコンスタントに円安に動き、その後もロンドン時間に117円台に、NY時間でもじわじわ円が売られて9日0時26分現在117.40円。ニュースでも円キャリートレードに安心感と言っている。3日前の115円を割りそうだった円高の勢いは消し飛んだ。上海発の株価暴落の大異変は無事収まるということらしい。それにしてもグラフを見ると日経平均の下げと円上昇、および日経平均の上げと円下落の連動が見事すぎて不思議すぎる。それを当たり前の如くアナウンスする解説者も不思議すぎる。誰かが操ってるとしか思えんなあ。
posted by fxcat at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

揉みあい中

7日のドル円は朝方はNYの流れを引き継いで円安基調で推移し117円に近づいていたものの、10時台に日経平均がマイナス圏に転じると逆に円高基調が強まってそれ以後ほぼ116円台前半。7日23時30分現在116.36円。先ほど米ADP雇用統計の弱い数字が発表され一時ドル売りの反応があったがほとんど影響なし。今日7日の日経平均は米DOW上昇の流れに乗り上昇と見られていたが、SQが近いとあって特有の動きでUターンしてしまった。毎度SQ時は豪快に株価が下げており今回も同じ模様なので取り立ててどうこうはないだろう。今週はもたついても来週は株高と円安路線がまた復活するんだろうか。
posted by fxcat at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

反対方向に乗り遅れるよ

ドル円は5日の円高で115円から114円に迫る動きしたのとは反対に、6日は朝方以降円売り優勢となり116円台に戻し日経平均株価上昇と軌を一にした。6日23時42分現在116.43円。6日は今まで連日の円高と株安の大狂乱が久しぶりに一服となった。朝の解説ではここまでの円買いの動きですでに円の売りポジションから買いポジションにした業者もあることが言われていた。素早い身のこなし! 円売り方向に乗り遅れんようにせなあかん! ここから先は反動の円安やね。
posted by fxcat at 23:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう止まらない

ドル円は先週末117円を割り116円台に入っていたが、5日昼間から115円台に入り、終日日経平均株価の下げに同調して円高に動き115円.20円付近まであった。20時ころからドルがやっと買い戻され6日0時32分現在115.97円。NY株がやっと反転したためか。しかし、先ほど発表の米ISM非製造業景況指数(2月)は予想を下回っており先行きは悪い。為替市場はリスク回避・円キャリートレード解消に弾みがついてしまいどこまで行くのかわからなくなっているようだ。しかし、輸入企業や海外旅行に行く人は思わぬ円高に喜んでいるだろう。幸不幸はいつも一緒にやって来るんやね。
posted by fxcat at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

まだ続く

昨夜は米株の下げと同時に円高ドル安で一時117円を割れる場面があったが、その後は日本のマーケット時間が終わるまではほぼ117円台後半にあった。しかし、2日21時過ぎからまた117円を割ったり戻したりの116円台へ向けての動きが活発化しておりこの動きは強そうだ。キャリートレードの巻き戻しが盛んのようだ。
上海での株価暴落の翌日が過ぎたころの解説は異口同音に更なる暴落につながる可能性は低く一般投資家は割りに冷静と述べていたが、2日も株価の低落は停まらなかった。毎度いつもの暴落パターンを繰り返しているに過ぎない。暴落>安心>暴落>安心・・・の連鎖パターンで日経平均で1500円〜は下げなきゃダメだろう。米の景気停滞懸念が株安を、また株安が景気停滞懸念を増大させる悪循環に陥っている。しかし円高と株安、これで儲けている奴が裏で煽ってる面もあるんだろうが実態はわからんなあ。
posted by fxcat at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。