2007年02月28日

円買いが盛ん

27日のドル円は日本の株式市場が引けるまでほぼ一定の120.40円近辺にあったが、15時を回ると円が買われて行き、17時前には昨日の予想通り120円を割った。ロンドン時間、NY時間でも円が買われ22時半を過ぎると、とうとう119円を割り118円台に入った。28日0時14分現在少し戻して119.06円。27日の動きは米景気や中東情勢の先行き不透明感から海外市場で円買い・ドル売りが優勢となったことが発端と説明されているが、日銀の利上げ効果が遅れて現れたとも言える。これでいつかは生じると見られているキャリートレードの解消に火がついた感じ。しばらくは円買いが盛んになり119-118円あたりだろうか。
posted by fxcat at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

やっと円高に

26日のドル円は前日のこう着状態から円高になった。121円台から朝方120円台に入り途中14時すぎに121円に戻りかけたが跳ね返されそこからじわじわ円高が進み27日0時16分現在120.50円。特にドルが売られる理由はないが、今週発表予定の米住宅関連指標が弱くなるとの見通しがドル売りの理由らしい。日銀の利上げ後まだ1週目だからこのように円高気味に動いているのが自然に見える。G7通過後あまり円安警戒が言われなくなったがまたそろそろ聞こえてくる頃だ。よって27日は120円台前半から120円割れか。
posted by fxcat at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

23日も22日と同じレンジ

ドル円は23日昼間121.30〜121.60円にあったが、NY時間になって次第に円が買われてきて24日0時前に一旦121円を割った後、24日0時05分現在戻して121.10円。23日も22日と同じレンジにあるが違うのは22日は円安進行、23日はその反動という感じ。昨日も今日も、今回の日銀利上げは為替に対して影響が弱いから円売りが続くという解説が多い。みんながみんなそう言っているのが怖い。円高にひっくり返される日も遠くないだろう。来週早々かもね。
posted by fxcat at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

円安路線に戻る

日銀の利上げはなかったかのように22日は円安気味の121円台にあった。朝方から16時半ころまでは121.10円で頭を押さえられていたがそれ以後じわじわと円安に動き、23日0時10分現在121.41円。この動きは、秋まで追加利上げなしとの思惑が働いて実質的に利上げ問題が当面する問題でなくなってしまったためらしい。しかし、物価動向がイマイチなのと選挙を利上げが当分ないことの理由にしているが、利上げしたにもかかわらず円安の動きがどんどん進みそうなのはまずいだろう。日銀のコントロールが効いていない感じがする。遠からず再利上げが必要になるんだろうか。また米やヨーロッパが黙っていないだろう。
posted by fxcat at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

日銀が利上げ

ドル円は、21日午後日銀が利上げを発表して2時間足らずの間120円を割って119円台にあったが、じきに120円台に戻してからは徐々に円安が進んだ。22:30に米消費者物価指数が発表されると指数が予想外の強さを示したため121円に乗せ、21日23:17現在、121.03円。ここ1週間、円は強めに動いていたが今回の日銀利上げ後は、当分次の利上げまで時間があり金利差も従来とほとんど変わらずという理由で円売りスタンスが継続されやすい、と解説されている。日銀が金融政策のコントロールを取り戻しつつあると言われるが、即円売りで歓迎されるとはね。
posted by fxcat at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フライング

ドル円は20日朝は119円半ばにあったものの次第に円が売られて17時頃から120円台に乗せるようになり21日0時30分現在120.18円、日本GDP発表前のレベルに戻している。日銀利上げなしへのヨミが働いているのかなあ。これはフライングやろ。もっぱら21日本日の日銀利上げの有無に関心が移っており、どちらになっても大局的には影響が薄いが一時的には大きく動く可能性ありと見られている。ほんと、どっちになるか分からん。
posted by fxcat at 00:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

円高一服

ドル円は昨夜119円割れを試した後は再トライすることなく日中は119円台前半、ロンドン時間からは大体119円台後半にある。19日23:44現在119.57円。急激に円高に走ることは避けた模様。1月は利上げに対し政府の反対意見が強かったが、今月はさほどの強い意見は聞こえない。次第に利上げをコンセンサスとする雰囲気が出来つつあるらしい。119円台は利上げ確定でさらに円高に走るためのスタートラインなのか。
posted by fxcat at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

恐ろしや

ドル円は昨夜120円を切りそのまま119円台に移行し大体119円台前半にあった。先ほど16日22:30に米経済指標の住宅着工が予想より弱い内容だったことで119円割れを試す動きとなり、瞬間的に割り込んだ。ただ、その後は急速に買い戻されて17日0時16分現在119.37円。円ショートの巻き戻しが本格化しているようだ。この3日ほどで約3円も振幅がある。株も為替も相場というものは動き出すと恐ろしや。
posted by fxcat at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

予想外の景気の強さ

ドル円は15日朝のGDP発表で予想外の景気の強さが示され、昨夜から120円台後半に上昇していた円がさらに120円台前半に移り10時半には一瞬119.80円近くまであった。その後の反動で日中は大体120円台前半を維持。しかし先ほど22:30対米証券投資の発表で予想を大幅に下回ったため23:50現在119.97円と再び120円を切ってきている。これで当面120円台は定着した感じ。言われ尽くしているが、GDP発表効果で再び日本の利上げが取り沙汰されて来るだろうから来週あたりさらに円高になると思っている。
posted by fxcat at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

120円台へ

14日のドル円はおおむね121円台前半に終始したが一度18:30頃120円台に入りすぐ121円台に戻した。ところが今15日0時4分120.81円と再度一気に120円台に入ってきた。これはFRB議長証言が予定されているがそのせいだろう。またもや120円台へのトライが出やすい状況になった。これにはG7で円安への懸念が公式発表されなかっただけで、円安への懸念は当然議論されておりその影響が現れているんじゃないだろうか。さらに日銀の次回利上げも視野に入ってきており、現在の調整を経て円高気味に戻していくのが期待される雰囲気だ。週末にかけ120円台定着かな。
posted by fxcat at 00:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

円の反騰近いか

13日のドル円は、NY市場の高値121.95円から東京市場で次第に円高になり11時以後午後にかけて大体121円台前半を保った。さらに22:30、米貿易赤字拡大発表でドル売り先行となり瞬間121.10円付近までドルが売られて13日23:57現在121.26円。ところで積みあがっていた円ショートが最近相当に解消されているらしい。よって122円手前での停滞の動きは調整の動きのようだ。G7での円安容認の雰囲気の下さらに円売りが進むかと思ったがそうでもない感じ。今の調整後また円売り攻勢をかけるのか、あるいは先週、今週が円安のピークでそろそろ円の反騰が始まるのかについては、G7での円安お目こぼしにもかかわらず円買い方向にあるのを見ると円が反騰する時期も近いのか。
posted by fxcat at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

G7後も変わらず円安か

今日のドル円はおおむね121円台前半に終始した。9日23:06現在121.56円。日銀審議委員が「先行きのインフレリスクはそう大きくはない、円安の動きは日本経済にとってプラス」と言っており、G7で足並み揃えて円安牽制意見が出る見込みはなくなった。結局、金利差が保たれていくならば円安基調に大きな変化は起きそうにない。で、今のところG7後も変わらず円安と予想。
posted by fxcat at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また121円台に

ドル円は8日の日本の株式市場が終わって16時前に120円台後半から121円前半に跳び、ロンドン時間に入ってもじりじり円安になった。またしても円安とは。この動きは日銀委員の「円安の動きは日本経済にとってプラス」との発言が材料視されたため。いまさらそんなことが材料になるとはね。9日0時2分現在121.27円。G7後が読めない。
posted by fxcat at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

円買いが一服

米国時間6日ポールソン米財務長官の議会証言で「円相場は経済のファンダメンタルズを反映しており、日本による市場介入はない。・・・」という発言で円買いが一服した。G7では円を含めた為替についての討議はあるものの、声明には含まれないという見通しが強まった。それで日本時間7日昼間は円高は進行せず120円台前半で終始し様子見状態だった。その後ロンドン時間に円売りが強まり、ドルは120.70円近辺に上昇した。8日0時12分現在120.75円でさらにドルが上昇しつつある。0時からポールソン氏の財政に関する議会証言が予定されていたのでその反応か。すでに昨日の証言があった以上ここからはそんなに動くまい。今週中はG7待ちを理由に120円台の中の往復だろうか。
posted by fxcat at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

動かず

ドル円は朝方は120円付近まで買われていたが、日経平均の上昇を促すように1日を通じて円安に推移した。しかしロンドン時間になると120.55円からは円高方向に押し戻されて22:20頃一瞬120円を割った。そこでまたNY時間でドルが反発、6日23:35現在120.27円。結局6日は120円前半の中を往復しただけだ。今日は材料に乏しいと見えてどっちへも動きたくないらしい。G7待ちという言葉を何回聞いたやら。なんかG7後の円高に意識が動いているような感じ。
posted by fxcat at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

円ショートの積みあがり

2月6日0時20分ドル円は先週末より約50銭円高ドル安の120.38円。5日は日経平均の下げに同調するように121円台から120円台へ動いた。先ほど、ユーログループ議長のG7で円の状況について討議するだろうとの発言の後120円台後半から前半に動いたようだが、相場はG7での円安牽制を織り込んで行きつつある。TV解説でも、先週は122円で跳ね返されたため円ショートの積みあがりに関心が向き始めたと言っている。よって突発的に急激なドル売り円買いに向かうリスクを心にとどめておくべき状況になってきた。
posted by fxcat at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

米雇用統計

2日のドル円は今夜発表の米雇用統計発表を先読みするようにじりじりとドル高円安に進み、NY時間には121円に乗せていた。しかし発表の内容が非農業部門雇用者数が11.1万人と予想の15万人を下回ったため発表直後に120.70円に戻す動きを見せた。が、その動きも続かず、ここ3ヵ月をならしてみると悪くはないとかで直ちにドルが121円台に反発、3日0時23分現在121.11円。まる2日の間120円台に戻していたが来週は121円台でG7を迎え、その声明のタイミングでもう一度円高に走るというシナリオなのかな。
posted by fxcat at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

円高に反転

昨日は122円手前でもたついているところに、「円相場の動向を非常に注視している。」との米財務長官発言があったため円が一気に買われ121円を切り120円台に入った。その後も2月1日の日中からロンドン時間、NY時間を通じ121円台に戻すことなくじりじりと円高方向に動いており、2月2日0:01現在120.15円。昨日まで122円をトライすると見せながらこのチャンスを待っていたんやね。今から見ると121円台でのもたつきが臭いと思えてくるが、分かってた人はドル売り円買いに動いてたわけかね。
posted by fxcat at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

米GDP

31日のドル円は、昨日までと同様121円台の中で日経平均の下げに同期し円高方向に推移していたが、ロンドン時間に入りじわじわと円安に戻し、さらに米国時間になり米GDPが3.5%と予想の3.0%を大きく越える発表で121.75円をつけた。しかし、2月1日0時15分現在121.49円に戻してしまっている。シカゴ購買部協会景気指数が予想を下回ったためか。今は4:15からのFOMC発表待ちで大きく動きたくないらしい。利下げがないだろうことは承知だがどういうニュアンスがこめられるか、賭けるならタカ派的内容を含む方やね。
posted by fxcat at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。