2006年11月30日

円高一服

本日朝発表の鉱工業生産指数が強かったため円買い優勢で115円台後半にあったが、ロンドン時間以後は116円台前半に押し戻されていた。ユーロが対ドルで調整したための波及らしい。しかし、NY時間で強めの米GDP改定値が発表されてもドル買いは強くなく、先ほど23時以降は逆にドル買いの手仕舞いで円買いが優勢となって現在115.89円。今日午前午後は円高で115円台であったにもかかわらず日経平均は大きく上昇した。ということは日本株の外人売りが山を越えたということだろうか。では外人売りを誘うためにどんどん円高に進むことも一服か。ならば116円台あたりが心地よい居場所なのかなあ。
posted by fxcat at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

膠着

今日のドル円は116円をはさみ+-10〜15銭幅の狭く膠着した動きをしている。昨夜の米株大幅安の影響でもあろうが、日経平均も昨日の水準以下に抑えられたことがこの円高となにかマッチした感じ。ここに米国景気の先行きが弱いという認識が反映されているが、日本の利上げ方向は確実になってきており日米の金利差縮小期待も円高を支持しており、方向が決まってきたと思う。
posted by fxcat at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

為替と株価の連動

先週末ドル円は劇的に115円台まで円が買われたが、各国当局者のドル安牽制発言でドルが買い戻され現在116円丁度あたり。しかし今日は日本の株式市場時間の間は大体115円台だったところを見ると株価下落を意識した円高だったと思う。13時ごろから為替は円安方向に戻し、株価は前場15850円で抑えられていたのに上昇に向かった。多分明日も再度為替が115円に向かい、株価も下げて15500円に向かうだろう。
posted by fxcat at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

ついに来た

ついに来たキャリートレードの精算、という雰囲気。外国時間の取引で約2円も円高ドル安になり現在116.25円。最近の株安に対する駄目押し的連動かな。今日も株が安いということは目先この水準かさらなる円高やね。
posted by fxcat at 13:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

揉みあい

ドル円は118円をはさんでの揉みあいの小動き。
今朝、日銀副総裁の追加利上げを判断を固めれば果断に実行との発言に円買いの反応があったがすぐに押し戻された。現在118.10円。どっちへも動きにくそう。
posted by fxcat at 15:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

G20

今日は特段のネタがないらしくほとんど動かず、現在117.90円。終了したG20でも為替に言及(円高牽制)がなかったため一時円安に動いたが元に戻ってしまっている。あ、ここ10分以内で円安に10銭うごいて118.05円。仕掛けか何かの発表への反応か。ロンドン時間だしここから118円台に乗せるんだろう。
posted by fxcat at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

大きく動かず

ドル円は昨日の外国時間から大体118円台前半にあり、現在118.35円。ニュースでは米コアCPIが弱いとかあっちもこっちも色々あるが同じネタの蒸し返しに過ぎないようであり、ということで目先は大きく動かずと思う。
posted by fxcat at 13:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

景気先行・一致指数

ドル円は118円をはさんで小幅に上下して現在117.95円。FOMC議事録でインフレ抑制が最大の関心事であることが示されたり、今日14時発表の景気先行・一致指数では景気先行きの見方が予想より下ぶれたことで円は弱含んでいる。この後外国時間になれば118円台に戻すだろう。
posted by fxcat at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

レンジ内

昨夜のNYで10月の米生産者物価指数や小売売上高が弱い数字だったことから、またインフレ懸念後退としてドルが117.30円あたりに下落したが、そこからは下げず、逆に消費者のセンチメントを示すIBD/TIPP景気楽観指数が10月調査分を上回ったことで、今度はドルが買い戻された。現在117円台後半の117.75円。ここんとこ116円へ向かっているがブレークはなかなか難しい印象。しばらくはこの状態かな。
posted by fxcat at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

GDP

ドル円は、中川自民党政調会長の日銀早期利上げ牽制発言を受けて118円台に乗せたが、今朝発表のGDPが予想を上回ったため117円台に押し戻されており、現在117.80円。また、米景気指標が緩やかな減速を示唆しているとの認識は支配的。日銀総裁の円キャリー取引への言及もある。でドルの上値はかなり重いという予想になって、目先116円台なのかな。
posted by fxcat at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

じわじわ円高

日銀総裁の円キャリー取引警戒発言や9月経常収支の黒字額が前年同月比9.4%増となったことなどを円買いの理由に円高気味に振れており、現在117.25円。ここ1週間動かなそうでもじわじわ円高方向に向かっている。ちょっと長い目で見ると円高方向にある感じだがどこかできっと反転。いつなのかな。
posted by fxcat at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

やはり動かん

ドル円は昨夜一瞬118.50円を越えたもののすぐに値を戻し、今朝10時過ぎに、日銀総裁が衆院で円キャリー取引についての急激な巻き戻しの可能性について警戒すると発言したので円買いドル売りが進み、若干円高で現在117.48円。揉みあいの動きが続く。目先はやはり動かんのだろう。
posted by fxcat at 13:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

中間選挙

米中間選挙で上院・下院とも民主党が勝って一大イベントが終了したのでドルに買い安心感が出ている、と報じられているが、その割には小動きで、現在若干ドル高気味の117.87円。しかし円ショートの調整も大分進んだだろうから、今度はいったん米政権の安定を買って円安ドル高方向に戻すのか。
posted by fxcat at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

じわじわ円高

日銀総裁の発言が利上げに前向きと受け取られ、円買い・ドル売りが優勢になった前日の流れを受け継ぎ、円はやや高く推移して現在117.60円。ただし、ニュースでは米中間選挙の結果待ちのため積極的な動きは見られないとのこと。ドル円120円トライは過去のことになり今はじわじわと円高方向に進んでいる感じ。
posted by fxcat at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

今日も変わらず

ドル円は昨日の流れと変わらず118円前半を往復している。現在118.02円。今日も例のごとく米雇用情勢の底堅さや米利上げ観測の再浮上による円売り・ドル買いと解説されているが要するにネタ待ちの小休止やね。
posted by fxcat at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

反動

3日に発表の米雇用統計で8、9月分の雇用が大幅に上方修正されたことを理由に円売りドル買いが強まり現在118円丁度。このドルの反発はたんに相場を上下に振っている中でのドルの上昇だろう。で、「しばし」の間だけはこの方向だろう。
posted by fxcat at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

FRB利下げ観測再燃

昨夜の米国であいついで景気鈍化を示す指数が発表され、またもFRBの利下げ観測再燃によりドル売り円買いで一気に116円後半に突入、現在116.95円。円売りの調整局面にこういうネタが重なってうまく円高にもって行ったものか。ならば反動は? しかし勢いでこのままさらに円高へ向かうという記事もあり、うーん、目先はわからん。
posted by fxcat at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。